読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下剤が効かない|妊婦が辛い便秘から開放される方法とは

下剤は、種類によっては服用しても効かない場合があります。 妊娠していると強い効果のある下剤は使用できずなかなか便秘は改善できません。 そんな妊婦に便秘回復の方法を教えます。

妊婦には怖い下剤の副作用とは

下剤の種類により違う副作用

妊娠すると黄体ホルモンの働きにより便秘になりやすくなります。

つわりで気分がすぐれないのに加え便秘によりスッキリしない気分になることから下剤に頼る妊婦も多いです。

妊娠中ですので胎児への影響も考え医師の診察により服用することがほとんどですが、医師によって出す薬が異なったりする場合もあり薬の副作用は気になります。

下剤の副作用ですが、下剤の種類によっても異なります。
妊婦に処方される可能性があるお薬は大きく2種類あります。

1つめは、塩類下剤の分類にあたる酸化マグネシウムがあります。
水分で腸内の便のかさを増やし排便を促すもので、体内には吸収されないため影響はほとんどありません。

まれに高マグネシウム血症を発祥する場合があります。
塩類下剤の分類の下剤は、副作用がないかわりに即効性はなく効果も弱いため便秘が解消しない場合もあります。

もうひとつは大腸刺激性の下剤です。
大腸に刺激を与えて腸の蠕動運動を活発にし排便を促す下剤です。

大腸刺激性の下剤もいくつかに分類され妊婦に処方される薬剤としてはアントラキノン系(アローゼンコーラック)、ジフェニルメタン系(ラキソベロン)があります。

ラキソベロンは安全性が高いお薬です。
液体タイプもあり量を調節して服用することができます。

多量に服用すると腹痛を起こす場合があります。
安全性の高い薬剤でも長期間服用すると排便力がなくなります。

アントラキノン系(アローゼンコーラック)の下剤はセンナ、大黄が含まれており大量に服用すると子宮の収縮を誘発し流産早産の危険性があります。

下剤の副作用が気になる場合は、どの種類の下剤が処方されたかまずは確認しましょう。

下剤を使うと流産の可能性も

大腸刺激性下剤

妊娠すると便秘になりやすくなっており産婦人科で便秘を伝えると下剤を処方されることが多いです。

医師から処方された薬剤なので安心してもいいのですが、やはり妊娠中は下剤を飲みたくはありません。

下剤の中には、妊婦に禁忌の薬剤もあり安易に市販の薬剤を服用するより医師の指示に従うべきです。

妊婦に比較的よく使用される薬剤にラキソベロンがあります。
ラキソベロンは、下剤の中でも大腸刺激性下剤という分類の下剤になります。

大腸刺激性下剤もフェノールフタレイン系、アントラキノン系、ジフェニルメタン系と3種類に分類されそれぞれ薬剤の強さなどが異なります。

ラキソベロンは、ジフェニルメタン系の薬剤で安全性が高い薬剤です。
それに比べセンナの葉を主成分としているアローゼンはアントラキノン系の薬剤で大量に投与すると子宮の収縮により早産・流産の危険性があります。

どの下剤を使用するにしても認識しておかないといけないことは下剤は一時的な処置であって根本処置ではないということです。

大腸刺激性下剤に関しては継続して服用を避けることです。

 

下剤を乱用|妊娠中にはとっても危険!

下剤が手放せない下剤依存症

女性には昔から便秘がひどく安易にコーラックなどの市販の下剤を服用するになった結果、下剤がないと落ち着かない人がまれにいます。

また、昔から便秘ではなくてダイエットにより下剤を乱用したりする場合もあります。
下剤はダイエットするためのものではなくダイエット効果もありません。

下剤を乱用し続けることで血が出ることもあります。
ダイエットのためではなく便秘がひどい人が妊娠するとさらに便秘になることが多いです。

便秘がひどいからといって下剤を服用し続けると大腸メラノーシスになります。
大腸メラノーシスとは下剤の影響で大腸が真っ黒になることです。

大腸メラノーシスになると大腸の機能が低下していき下剤なしでは排便できなくなっていきます。

下剤を乱用していて一気に下剤を減らすと排便できなくなりますので少しずつ下剤を減らし便秘によいとされる食物繊維を含む食物を摂取することや運動することで徐々に下剤依存から抜け出すようにしましょう。

妊婦の便秘と下剤の効果

妊婦が下剤を使用する理由

妊娠すると便秘になりやすくなります。
それは女性ホルモンの1種である黄体ホルモンの働きによるものです。

黄体ホルモンは、妊娠すると通常時の20倍も分泌されます。
黄体ホルモンは、大腸内で水分を吸収します。

水分を吸収することにより便秘になります。

便秘になると妊婦は、つわりで気分がスッキリしない上に便秘によりおなかにガスがたまりおなかがはったようになりスッキリしない気分になります。

便秘で気分がすぐれないため便秘で病院に行くとたいがいは下剤が処方されます。

妊娠中は下剤の服用はしたくありませんが、医師の処方したものならとりあえず安心ということで服用します。

 

下剤の種類の効果

下剤には、いくつかの種類があり妊婦に処方されるのは酸化マグネシウム・マグコロールといった薬が多く処方されます。

この酸化マグネシウム・マグコロール等の薬剤は塩類下剤という分類に分けられます。
この塩類下剤は、習慣性が少なく副作用の心配もほとんどない薬です。

腸の内部で水分を吸収し便の量を増加させることにより便秘を解消します。
副作用がほとんどないかわりに即効性はなく効果が弱いという部分があります。

妊婦によく処方される薬としては、ラキソベロンアローゼンという大腸刺激性の下剤が処方されます。

大腸刺激性の薬剤は、大腸を刺激することにより排便を促す下剤です。
大腸刺激性の薬剤は即効性はありますが、習慣性があり継続して使用することはできない下剤です。

下剤が効かないというのは、大腸刺激性の薬剤を継続して使用しているケースがほとんどです。

最初は少量でも排便したのですが、次第に効かなくなり徐々に量を増やしていくことになります。